美容室の休みが月曜日なのはなぜ?

美容室の休みが月曜日が多いのは何故か・・・

知っていますか?

 

美容業界の歴史を紐解いていくと、そこには当時の社会情勢電力事情が大きく影響していることがわかります。

時代は1920年代。当時、パーマは「電髪(でんぱつ)」「電気パーマ」と呼ばれていました。電極のついたロッドを紙に巻き、電気で加熱してウェーブを作っていたため、大量の電力を使用していたわけです。ところが、その頃は戦争の影響で電力不足ということもあり、週に1度、電力の供給を停止する「休電日」が設けられていました。それが東京ならば火曜日それ以外の地域では月曜日が多かった、ということになります。

当時オシャレな女性たちの間で人気だった電気パーマ。しかし、電気を大量に使用するため、電気が止まってしまう休電日は休まざるを得なかったというわけです。今もその名残で、関東は火曜日、その他の地域では月曜日が定休日の美容室が多いのです。

 

スッキリしましたか??